ウォシュレット設置は水道工事業者へ

■電源設備の確保

水道修理業者は様々な工事を行っており、水漏れ修理や排水管の詰まりなどの他に、ウォシュレットの取り付けを行うこともあります。今回、新たに取り付ける予定をしている人もいるでしょう。そんな方は、事前に準備しておくこともありますのでチェックしておいてください。
水道工事で大切なことは電源設備の用意になります。ウォシュレットは電化製品でもありますので、トイレに電源設備があることが前提です。ですので、コンセントがついているのかどうか、設置を依頼する前に確認しておきましょう。室内に主要なコンセントがない時は、至急、設置してもらうに手配してください。ちなみにウォシュレット商品と取り付け工事を水道修理業者に依頼すると、オプションとして設置をしてくれるところもあります。設備が整っている場合であればそのままでも構いませんが、ない場合は電源の引き込み工事が必要となります。

■ウォシュレットが便器に対応しているかの確認も大切です

ウォシュレットを取り付ける際は、該当商品が便器に適応しているか、事前に見ておきましょう。日本製の便器の場合、一般洋式便器やワンピース型便器、そして隅付タンク式腰掛便器の3つのタイプがあり、実績のあるメーカーの機器であれば、取り付けや取り替えが可能です。自分の家にあるトイレがどのタイプであるか、確認しておきましょう。よく分からない方は、水道修理業者に問い合わせて見てもらうのもひとつの方法です。専門の業者であればこれまでの実績も多いので、様々なアドバイスをもらえる可能性があります。ウォシュレットの設置をスムーズに進めるためにも、早めに準備しておくといいでしょう。水道修理業者の公式サイトではお問い合わせフォームもありますので、時間がない時はそちらからアクセスするのもいいでしょう。

■工具を用意しておきましょう
ウォシュレットを取り付ける際は、必要とされる工具も取り揃えておくといいでしょう。水道修理業者に依頼する時は業者が用意してくれますが、設置した後にトラブルが起こった際、工具があれば便利です。実際の取り付けに必要な工具としては、プラスドライバーやマイナスドライバー機能付きのスパナ、便座外し工具などがあります。その他にあれば便利な工具としては、モンキーレンチやウォータープライヤーなどがありますので、可能であれば準備しておくといいでしょう。これら必要な工具は、スーパーやホームセンター、また、ネット上の通販サイトでも購入できますので、一度確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ