ウォシュレットの修理は水道修理業者や工事会社を見つけておく

■高機能になっていくトイレ

近年のトイレはどんどんと高機能なものが増えてきています。タンクレストイレなどになると、今まででは考えられなかったような省スペースを実現しながら、節水の効果を得られます。使用するたびに便器に除菌水を吹きかけることで、常に清潔な状態を保つことができる製品もあります。
これらの高機能なトイレのなかでも多く普及しているのがウォシュレット機能がついた温水洗浄便座です。汚れを温水で洗い流す機能を持っており、使用する紙の量を少なくしたり、何度も拭き直すことでお尻にかかってしまうダメージを軽減することができるというメリットがあります。大変便利な機能ですが、水道と同じように水漏れが発生し工事が必要になることもあります。

■素人では修理が難しい

今や日本ではウォシュレットは生活に欠かせない製品といえるほど普及しています。便座の下に電熱線が張られており、座るときに暖かい暖房便座の機能を兼ね備えたものもあります。とても便利ですが家電製品として生産されているものであり、電気を使っていることから簡単に修理ができなくなってきている部分もあります。ウォシュレットが出なくなってしまった場合、単に汚れが詰まっているのであれば掃除することで解決できますが、そうでなければ自分で修理することは難しい可能性があります。水漏れを起こしたときもどこに原因があるのか、素人では判別が難しくなっているため、水道修理業者に工事を依頼するのが妥当です。普段からメンテナンスできる部品も限られていますので、安全に使い続けていくためにも、いつでも修理を依頼できる水道修理業者を見つけておく必要があるでしょう。

■感電防止のため電気の遮断が大切
もしウォシュレットが水漏れを起こした場合、注意しなければいけないのは感電です。水が流れているだけと思い、掃除しようと触れた瞬間に感電するかもしれません。特に水が吹き上がっているときには、コンセントの部分にもかかっており、電気が流れているかもしれないからです。
トラブルが起きたときには、コンセントから抜いてしまうのが大切です。もちろん、水が吹き出した中では対処できない可能性もあるため、止水栓が閉められるなら対応したほうが安全です。コンセントから外せない状況なら、ブレーカーを落としてしてから対応するのも安全確保として有効になります。電気が流れなければ、そもそも感電する可能性もありませんし、この後に止水栓を閉めれば安全に状況を改善できるでしょう。その後、水道専門の修理業者や工事会社に依頼して修理してもらうのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ