トイレの水道工事を行う前に知っておくべきポイント

■必要な費用の相場を調べておく

トイレの水道トラブルが発生したら、すぐにでも工事や部品の交換を行って、水漏れを改善しなければいけません。水道のトラブルが起こると、部品を取り換える必要が出てくることも多いので、事前に購入しておく人もいます。自分で修繕することが不可能な場合には、業者に頼むのが一般的ですが、問題なのはどれぐらい費用が必要になるのかという点です。
状況によっても価格は異なりますが、便器そのものを交換するのであれば、どのような便器を選ぶかにもよりますが高額になることが多いでしょう。トイレタンクの工事であれば、排水管などを含めて取り換える必要が出てくる場合もあります。部品だけを変える場合は、便器の交換に比べると比較的安価で済ませることができます。必要な物を購入する場合にはどれぐらいの価格で販売されているのか、修理を依頼するのであれば相場を知っておくことが大切です。依頼をする前には料金の確認をしておくのがよいでしょう。

■作業にかかる時間と内容

トイレで行う水道工事は、パイプやパッキンなどの交換が主な作業となります。簡単な工事であれば、部品を変える作業やナットを締め付けるだけで終わることもあるので、1時間半から2時間程度で完了することもあります。
しかし、排水管の方向転換などを行うなどの特殊な作業が必要とされる場合には、もっと長く時間が掛かってしまうケースもあります。元栓をしっかりと閉めていても、排水管などには水が残っているので、床に流れ出さないようにビニールを敷いてから行うのが一般的です。終了後には後片付けもしなければいけないので、ある程度時間はかかると認識しておきましょう。

■劣化する時期を見極める
トイレに使用されている部品やタンク、便器などにも寿命があります。時間の経過と共に劣化していき、トラブルが発生しやすくなります。
特にタンク内にあるフロートや、ジョイント部分などに使われているパッキンなどは、10年を過ぎると寿命だと言われているので、念入りに確認しておくのがよいでしょう。早めに発見できれば、それほど酷くなる前に水道工事が行えるので、料金も安く済みますし、被害も少なくて済みます。
便器は100年前後持つと言われているので、故障する頻度は少ないのですが、地震などの災害によって破損する可能性があります。最近はウォシュレット付きのトイレも多いですが、ウォシュレットは10年前後が寿命だと言われています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ