水道工事は必要?トイレで起こりやすい水のトラブル

■トイレのトラブルは予兆がある

トイレのトラブルは突然起こりますが、実は予兆がいくつもあります。この予兆を知っていれば被害を最小限にできるでしょう。
まず水の流れを見て、いつもに比べて水の流れがいまいちだと感じたなら、それはつまりの予兆とみることができます。何かが引っかかって水が抜けないわけではないものの、時間がかかったりスムーズに流れていない場合は排水しづらい状況であることの証です。
いつもより便器の中の水位が高いことも、排水状態が悪い現象の一つなので、見逃さないことが大切です。この状態で水を流すと、排水が間に合わず便器から汚水が溢れて悲惨な状況に見舞われてしまいます。このほか、排水の際にいつもとは違う音がすることもあり、配管内の圧力が高まっているとみられます。被害が大きくならないためにも、専門業者へ早めに水道工事を依頼しましょう。

■トイレのトラブルが起きる原因は

トラブルに見舞われて水道工事が必要にならないために、何が原因で起こるのか知っておくと、予防策の一つになります。
トイレットペーパーは意外とトラブルの原因になりがちです。水に溶けやすい性質を持っているため、つまりにはならないと思われていますが、一度に大量に流してしまうとの密度が高くなることで流れづらくなります。
またペットのトイレ用の砂やお掃除用のシートなどもつまりの原因となります。水に溶けづらい性質があるので、一度に流すのは危険が伴います。ペットのトイレ用の砂は水を吸うと膨張するタイプも多く、トイレに流すと中で膨らんで完全につまってしまうので、細心の注意を払うようにしましょう。

■何度もトラブルを繰り返すのはなぜ?
トイレで同じようなつまりが起こるのには理由があります。一つは流す時の水の量が圧倒的に少ないことです。本来は排水管までしっかり流れる量がタンクの中に入っていますが、節水のためにブロックやレンガなどを入れておくと明らかに水の量が少なくなり、奥まで流れずつまってしまいます。水に勢いがないことはトラブルを招くので、異物をタンクに入れるのはやめましょう。
築年数が20年以上経っている建物も注意してください。配管の寿命は一般的に15年から20年と言われているので、それ以上経っている建物は配管の形が変形したり古くなって劣化したりしている恐れもあります。水道工事が必要なトラブルに見舞われる前に、一度専門家に点検を依頼すると、未然に防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ