水道や電気の工事も必要になるトイレのウォシュレット

■ウォシュレットの設置に電気工事が必要になる例

日本の大発明ともいわれるウォシュレットは、世界各国で驚かれるほどの性能を持つものとなりました。快適な空間を作り出すためには大切な設備となり、多くの家庭で利用されています。手軽に取り付けられるようになってきましたが、簡単に設置できない場合もあります。
ウォシュレットの基本として、水と電気の供給が必要です。水を温め噴射しますが、そのときには電気を使用しています。トイレの環境を考えると、水道は取り付けられていますが、古い建物の場合は電気がない場合もあります。この場合には、そのままでは設置することができないため電気工事が必要になります。電気の配線を増やし、トイレ内にコンセントを作ります。そこにウォシュレットを接続して、動作が可能なように設置しなければいけません。

■水道管の分岐の工事も必要

ウォシュレットを取り付ける場合、止水栓から水道を分岐する工事が必要です。水道から水を供給しなければ使うことができないため、DIYで行いたい人は注意しなければなりません。止水栓を締めてトイレのタンクから給水管を取り外し、分岐金具を取り付ける工事が必要です。この分岐金具を取り付けることで、タンクとウォシュレットの両方へ水を供給することができます。しかし、止水栓が簡単に分解できないという問題が出てきます。固着してしまいうまく外れない場合も多く、ナットを緩めるためには道具が必要です。しっかりと取り付けなければいけないため、少しでも不安が残るときには、専門業者に工事してもらうのが確実です。

■トイレの内部の寸法を計測しておく
ウォシュレットの工事の前に、本当に取り付けることができるのか、トイレ内部のサイズ確認が必要です。工事を依頼する場合にも、先に確認しておけば心配いりません。測っておく箇所は、便器の中央から左右の壁までの距離です。また、中央から正面側の壁までの距離も計測しておきます。タンクが隅にある場合には、取り付けるための穴の位置からタンクまでの距離が重要です。この距離を計測しておくと、メーカーのカタログで取り付けができるかどうかの判別がつきます。A寸法やB寸法といった表記があるため、実際に計測して比べてみるとわかりやすいです。どんな機種が良いのか、どの機種なら取り付けられるのか、事前の判断材料としても計測しておけば、実際に探すときにも工事の打ち合わせをする場合でも有効です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ