水道設備の故障発見と修理依頼から工事完了までの流れ

■水道設備の故障の種類

住宅内の水道設備は様々ありますが、まずは配管の存在が挙げられます。配管は上水道から各家庭内へ水を供給するために用いられています。金属製の水道管は錆などの経年劣化やジョイント部からの水漏れなどが起き、故障すると工事が必要となります。
また、キッチンやバス、トイレなど水周りと呼ばれる場所でもいろいろな故障が起きます。単純なトイレの詰まりなどで水が流れなくなるのも、故障の原因の一つです。
大掛かりな工事が必要な水道設備の代表格は給湯器です。火を使う給湯器の場合、不完全燃焼を起こすと大惨事になるので、早急な工事が必要になることがあります。現在は環境にも優しくエネルギー効率の良い製品が人気があり、故障がなくても入れ替えを考える人が増えています。

■水周りの故障で自己対処できるもの

水道工事までは至らないトラブルとしてトイレの詰まりがあります。何かを詰まらせると流れが悪くなったり、水が流れていかずあふれそうになったりする場合があります。
そんなときは詰まりを改善する道具を使います。ラバーカップという柔らかいゴム製のカップが付いている道具が有効です。これをトイレの流れていくところにあて、軽く上下に数回動かしてみると、大概の詰まりは解決します。ホームセンターなどで売られていますし、安価に購入できます。
もう一つは、蛇口などでジョイント部分から水漏れがある時です。単純に増し締めすると水漏れが止まる場合もあります。それでもダメなときは中のパッキンが劣化しているので、新しいパッキンに交換します。購入する場合は、同じサイズのものを選ぶことが大切です。
このように水道工事をせず自己対応できるものもありますが、自信のない方は業者に依頼してください。

■工事業者の選定と依頼
水の流れが悪くなったりする排管のトラブルや水周り設備の故障などが起きた際、修理が簡易なもの以外は自己対処するのは危険です。業者へ依頼することをおすすめします。
水道はライフラインの一つです。間違った対処方法で状態を悪化させ、復旧するまでに時間がかかってしまうと生活に支障をきたします。そのため、普段から水周りの変化にアンテナを張っておくと異常の発見が早まります。水漏れや流れの悪さなどの異常を発見したら、速やかに水道工事業者へ連絡するのが賢明です。
その際、業者の選定には注意が必要です。工事のコストを抑えたいばかりに安易に業者を選ぶことは避けましょう。自治体で指定されている業者があるので、その中から選ぶようにします。目先の費用節約をしたばかりに工事の不具合で再度トラブルが起きた、ということがないよう、水道局指定業者へ依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ