水道工事の修理とかかる費用

■水道トラブルは早めの対処を

水道を使っているときに、いつの間にか水が漏れることがあります。少しの水漏れであれば、応急処置をしてそのまま使い続けることも可能です。
しかしそのままの状態にしておいても状況が好転することはありません。どんどんと水が漏れる量が増えたりあふれ出すようになったりすることもあります。
水漏れはひどくなる前にはやめに修理をすることが大切です。そのままの状態にしておくと、家具や家電、近隣の住宅などほかの場所にまで被害が及んだり、大規模な工事をしなければならないこともあります。

■自分で対応する場合の工事と費用

水道の工事で圧倒的に件数が多いのが、蛇口からの水漏れです。水漏れの原因として考えられる理由のひとつにパッキンの劣化があります。パッキンの劣化であれば、自分で修理が可能です。
作業も決して難しいものではありません。止水栓を閉めて、水が出ない状態にし、パッキンを新しいものに交換をするだけです。
パッキンは水漏れをしている場所によって、交換するものが異なります。例えば蛇口から水漏れしている場合にはコマパッキン、ハンドル下にあるナットから漏れている場合には三角パッキンに交換します。
自分でパッキンの交換をする場合には、パッキンの購入費用が必要です。パッキンの種類によって代金は違いますが、150円から300円が相場です。工具を持っていない場合には工具の準備も必要ですが、パッキンのみの購入なら1,000円以下、工具を購入したとしても自分で修理をする場合には5,000円以下で修理ができるでしょう。

■業者への依頼が必要な水道工事について
業者に水漏れの工事を依頼した場合には、部品代以外にも出張料や技術料といったものも支払います。そのためパッキンの交換だけでも代金としては5,000円から10,000円程度かかります。しかし、業者によって支払う代金は異なります。事前に見積もりを出してもらい、比較検討をすると少しでも工事費用を抑えることができます。
費用をかけずに工事をするには自分で行う方法もありますが、水道は細かな部品が使われていますし、とても繊細です。少しのミスでさらに水漏れがひどくなったりほかの場所にもダメージを与えてしまったりすることもあります。
自分で作業をするのに不安がある場合には、多少費用が掛かっても業者に任せたほうが安心です。また、自分で作業しても状態が変わらなかったり悪化したりした場合には、速やかに業者を呼んでみてもらうようにしましょう。ほかにトラブルが起こっている可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ