水道工事は資格が必要になる

■水道工事をするためには資格が必要?

水のトラブルといっても規模の大小は様々ですし、トラブルが起こる箇所も色々です。状況によって自分で直せることもありますが、一般的に専門業者に修理を依頼します。このとき実は水道工事に免許が必要であることを知っておいた方がいいでしょう。様々な水のトラブルに対応してくれるのが水道工事専門業者ですが、有資格者が在籍する業者でなければ修理に携わることができません。
各自治体で指定店になっている業者は、有資格者が在籍していることはもちろんのこと、有資格者が何人いるのかという内容も届け出ています。水は私たちの生活に直結するものなので、安全な水を供給されることはとても大事なことです。そのため、有資格者がいる業者でなければ工事ができないというわけです。

■修理を依頼する前に指定店になっているかどうかを確認

各自治体に届け出を出しているということは、正しく営業している証になります。たとえ指定を受けていた場合であっても、施工に問題があるなど指定店の条件を満たさなくなった場合は、自治体から取り消し処分を受けるからです。
工事の内容によって免許がなくても携われることもありますが、例えば給水装置などの工事や修理、設置となると免許が必要になります。そのため、有資格者が一人もいないという業者は本来修理に携わることができないのです。免許を持っていないスタッフによる修理は法律違反になるためです。
ちなみに給水装置などの設置、修理などに必要となる資格は給水装置工事主任技術者です。指定店になっている業者には必ず給水装置工事主任技術者の資格を持ったスタッフが在籍しているので、技術力や対応力の面で信頼がおけます。

■そのほかに免許がある
水のトラブルに関する作業に携わるために役立つ免許はほかにもあります。例えば浄化槽や空調など衛生に関する設備の作業に携わるときにもっとも需要があると言われているのが管工事施工管理技士という免許です。作業に携われる以外にも、品質の管理や安全管理、さらに工程管理などの知識があるため主任技術者や現場管理技術者と兼任できます。
業者によって免許をもつスタッフの情報をオープンにしているところもありますから、修理を依頼する際、相談の電話をかけたときにどのような免許を持ったスタッフが在籍しているのか確認しておくことも安心材料になるはずです。水回りのトラブルは状況によって大掛かりな修理が必要になることもありますから、不安を取り除くためにも事前に聞いておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ